大量生産された印鑑の使用は気を付けましょう

  • RSS

この前友人と100円ショップへ行った時に、そういえば銀行で口座をつくらなきゃいけないから印鑑が必要だったんだわ、と印鑑を買おうと思ったら、友人に怒られてしまった。
「銀行の口座に三文判を使うの!?」と。
急に言われたものでいまいち分からなかったけれど、だって印鑑でしょ?なぜ100円ショップの印鑑ではだめなの?
そう言うと、なぜそんなことが分からないのかと逆に注意を受けてしまいました。でも、100円ショップの印鑑を銀行印にしている人結構いますよね。何がだめなのか分かりません。

友人にその理由を教えてもらいました。
まず、100円ショップのようなところで売っている印鑑というのは三文判といって、いわゆる雑務、回覧板や荷物を受け取った時などに使うもの。
いわゆる認印として使うものであれば問題はないのだけれど、銀行などの口座をつくる際にこの印鑑を使うのは間違っていると。
そしてこの三文判といわれる印鑑というものは大量生産されているものだから、こういった印鑑を認印に使うのはそれ程問題はないけれど、銀行印やましてや実印などに使うなんて言語道断!
ということです。

大量生産の安い印鑑がなぜ銀行印などに使うのはだめだというのか。それは大量生産の印鑑というのは同じ印影のものがいくつも存在するからです。
万が一その同じ印影の印鑑で悪用されてしまうことがあれば、場合によっては財産を失ってしまうことがあるのだということを知りました。
だから最低でも大量生産の印鑑を銀行印に使用するということは絶対にしない方がいいのです。
私のように印鑑なら何でもいいと使っている人はきっと多いでしょうね。気をつけないといけません。
安い印鑑が悪いわけではないでしょうけど気をつけるべきでしょうね。



~ 注目のWEBサイト情報 ~

<早く作れる!>簡単名刺

仕上がりイメージを確認しながら、簡単名刺作成!
文字の種類やレイアウトはもちろん、QRコードも追加して自分だけのオリジナル名刺も作成できます。

詳細は名刺やショップカードの作成、印刷のSPEED名刺館から

このページの先頭へ